水道蛇口修理の具体的な方法は?

水道のトラブルの中でもしばしばみられるのは、蛇口の水漏れです。このようなトラブルが起きた場合、修理業者に依頼する方法もあります。しかし、もしかすると自分で修理できる水道トラブルの可能性もあります。自分でできる修理のケースやその方法についてみていきます。

■吐水口のトラブルの場合

蛇口をしっかりしめているのに、吐水口から水が出ているケースは多いです。これはハンドルの下にあるパッキンが劣化しているなどの何らかの問題が生じているわけです。パッキンはホームセンターなどで販売されています。こちらで新しいパーツを購入して、交換できます。




■パイプの付け根で水漏れ
パイプとの接続部分で水漏れが起きている人はいませんか?もしそうであれば、接続部分のパッキンに問題がある、ナットが緩んでしまっている、いずれかの原因がほとんどです。ナットが緩んでいるのであれば、モンキーレンチなどを使って締め直しましょう。パッキンが劣化しているのであれば、上と同じくホームセンターなどで購入した新しいものと交換します。パッキンには形状などいくつかの種類があります。同じものを買い求めるのなら、いったん外して古くなったパッキンを取り出し、ホームセンターに持っていって店員にこれと同じものを探しているのですがと聞くのが確実です。

■蛇口の取り付け部分の水漏れ

壁を伝って水漏れしている場合、蛇口の取り付け部分のパッキンやねじに巻かれているシールなどに問題が生じているのが原因です。古くなったシールテープやパッキンは取り外して、新しいものと交換します。シールテープの張替えをする場合、根元から巻き付けていくとしっかり固定できます。





■まとめ
このように蛇口の水漏れの場合、工具などがあれば自分で修理することも可能です。しかしもし自分で行うのに自信がなければ、専門業者を呼んで作業を依頼するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ